コルクマットの防水性は高いのかしら?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「コルクマットの防水性は高いの?」

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭の場合、飲み物をこぼしてしまうことも良くあります。フローリングであれば、こぼしたら拭いて掃除をすることが出来ますが、絨毯や畳となるとそうもいきません。

中にはシミになってしまうものもあるので、飲み物などの「水分」への防水はどうなっているのでしょうか?

コルクマットに使っているコルクは、元々乾燥地帯で育つものなので、防水もシッカリとしています。「中に染み込んでしまうのでは?」と心配される方もいらっしゃいますが、乾いたタオルなどでサッと拭くだけでOKです。どうしても気になるという方は、水洗いをしても良いでしょう。

もちろん、「完全防水」ではないので、飲み物などをこぼしてしまったら、すぐに拭き取ることが大切です。またジョイント部分にこぼしてしまうと、隙間なくピッタリと敷き詰められていないと、隙間から水分が入っていってしまいます。

ウッカリそのままにしてしまうと、カビが生えてしまう原因にもなりますので注意してください。

また、「防水」と聞くと完全防水で「水をはじく」「水を通さない」と思っていらっしゃる方もいますがそうではありません。防水性が高いだけであって、全く水を通さないというわけではないので、注意が必要です。

ただ、塗れてしまった場所が変色をするようなことはないので、その点については安心をして良いでしょう。