コルクマットにカビは生えたりしないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コルクマットを使用する場合ですが、敷く場所にも気をつけたいところです。というのも、コルクマットは水に強いといわれているのですが、「完全防水」ではありません。確かに水には強いのですが、防水ではなく「耐水」と考えたほうが良いでしょう。

コルクマットの上にジュースなどをこぼしてしまった場合、すぐに拭き取れば中にも染み込まないので良いのですが、完全防水と勘違いしてしまい、放っておくと中に染み込んでしまいます。

もちろん、その後蒸発をすることもあるのですが、元々湿気が多く、カビが生えやすいような場所にしようする時には注意が必要です。

例えば、ずーっと敷きっぱなしにするのではなく、定期的にジョイントを切り離して風通しを良くするようにしましょう。元々カビが生えないようなリビングなどにしようする場合は、それほど気にする必要もないのですが、脱衣所やトイレ、台所にしようする場合は、気をつけたほうが良いでしょう。

また、ジョイント部分から水が入り込んでしまう場合もありますので、コルクマットを敷くときは出来るだけ隙間が出来ないように、キッチリと敷くようにしてください。

カビが生えてしまうのは水分だけでなく、「湿気」も関係しています。梅雨の時期など湿気が多くなるときには、コルクマットのお手入れもしましょう。コルクマットを敷いていると、床にカビが生えてしまっても気がつきにくいです。

面倒かもしれませんが、敷きっぱなしにはせずに、定期的にコルクマットを剥がしてチェックをするようにしましょう。