コルクマットの選び方

コルクマットとカーペットはどちらのほうが使いやすいのかしら?

「フローリングのままだと床の傷も気になるし、騒音も気になる」「フローリングの床冷え対策に何か良い方法はないかしら?」と言う疑問もよく耳にします。 まずカーペットですが、コルクマットに比べると厚みもなく、部屋全体にカーペットを敷くとなると金銭的にもかなりかかります。また汚れてしまったとき、すぐに洗うことが出来ないので、不便です。 もちろん、カーペットにはカーペットの良さがありますが、小さなお子さんや...

コルクマットとクッションフロアはどちらのほうが良いの?

「コルクマットとクッションフロアは、どちらのほうが良いのでしょうか?」 これもよく聞く耳にすることですが、それぞれメリット・デメリットがあるので、一概には言えません。ですが、両方のメリットとデメリットを理解して選ぶのが最適です。 コルクマットのメリット・デメリット なんと言っても手軽に使うことが出来ます。必要なところに必要なコルクマットをを使うことが出来るので、レイアウトも自由自在です。飲み物をこ...

コルクマットは安全なのでしょうか?

「小さい子供が居るのですが、コルクマットは安全に使えますか?」 小さいお子さんがいらっしゃるご家庭でよく聞く質問ですが、やはり「安全性」も気になるところです。色々な物を手にとって舐めてみたり、間違って飲み込んでしまう可能性も否定できません。 このコルクマットには有害物質は含まれて居ないので、小さなお子さんが間違って口の中に入れてしまっても大丈夫です。 安全性もとても高く、SGS検査基準をクリアして...

コルクマットの防水性は高いのかしら?

「コルクマットの防水性は高いの?」 小さいお子さんがいらっしゃるご家庭の場合、飲み物をこぼしてしまうことも良くあります。フローリングであれば、こぼしたら拭いて掃除をすることが出来ますが、絨毯や畳となるとそうもいきません。 中にはシミになってしまうものもあるので、飲み物などの「水分」への防水はどうなっているのでしょうか? コルクマットに使っているコルクは、元々乾燥地帯で育つものなので、防水もシッカリ...

コルクマットはどのくらい厚手なのかしら?

厚手のコルクマットはクッション性もよく、防音効果もある程度は期待できますよね。そこで気になるのは、このコルクマットの厚さです。コルクマットのサイズも色々とあり、厚さも変わってくるのですが、45cmのラージサイズで約11mmあります。 コルクマット1枚が45cmと大判なのに、さらに厚さも約11cmとなると、クッション性も期待できますよね。コルクマットにも色々ありますが、中にはとても薄いものもあります...

コルクマットは通気性がいいのかしら?

「コルクマットを使うと通気性が悪くならないかしら?」 リビングなどにコルクマットを敷く場合、通気性が良いかどうかも気にところです。通気性が悪いようですと、カビなどの原因になってしまいます。 コルクは通気性が良いので、カビはもちろんですが、ダニの心配もありません。絨毯や畳の場合、ダニや細かいホコリは掃除機だけでは十分にキレイにならないこともありますが、コルクは絨毯や畳のようにダニやホコリなどが奥に入...

コルクマットの選び方にはポイントがあるのかしら?

「コルクマットの選び方には、何かポイントがあるのかしら?」という方もいらっしゃるでしょうから、今回はコルクマットを選ぶ時に役立ついつくかのポイントをご紹介しましょう。 厚みで選ぶ 「コルクマット」と言っても色々な種類があり、厚さが薄いものや厚いものまでさまざまです。ある程度コルクマットの厚さがあった方が、クッション性や防音性、断熱性も期待できますが、ある程度厚みが必要となってくると、値段もその分高...